ブログでサッカーの話をします
2017/07«│ 2017/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
SELECT COLORS赤橙黄緑水色青紫桃灰SELECT COLORS
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
12:46:21
プレナスなでしこリーグカップ2010 グループリーグ第五節 浦和レッズ・レディース-東京電力女子サッカー部マリーゼ
○2-1●

得点者:
【浦和】北本(30分)、岩倉(63分)
【東電】鮫島(27分)


駒場ナイターで劇的逆転。

スタメン

    小金丸

土橋 西田 矢野 森本

   窪田 柳田

加藤   庭田   岩倉

     北本

【前半】分断

前半から攻め込む浦女。
しかし、均衡を破るまでは至らず、徐々に流れはマリーゼへ。

マリーゼに押し込まれ始めた27分。均衡はマリーゼが破る。
セットプレーのこぼれ球を鮫島がエリア外で拾いシュート。浦女ゴールに突き刺さる。

しかし、北本がマリーゼに移った流れを3分後に分断した。

相手DFがボールの処理にもたついたのを見逃さず前線からチェイス。
相手GKまで戻ったボールを奪い無人のゴールにシュートを決める。

同点に追いついた終了間際にミスから相手に決定機を与えたものの失点を防ぎハーフタイムを迎えた。


【後半】虎視眈々
相手のプレッシャーに自分たちのサッカーが出来ない浦女。
しかし、僅かな好期を狙い相手の攻勢を防ぐ。

63分、好期がやってきた。
ロングフィードを北本が落とし庭田へ。
庭田は後方から上がってきた岩倉へパス。

岩倉はボールを受けるとドリブルを開始。エリア内まで突破すると左足でシュート。
これが相手GKのグローブを弾きラインを割った。

逆転に成功した浦女はマリーゼの猛攻を凌ぎ切り勝利。
4連勝のグループ首位で準決勝の舞台へ臨む。


【特記事項】
・内容

マリーゼの守備から浦女らしさを出せない時間帯が長かった。
序盤こそ中盤で容易に前を向いてボールを持てたため相手を押し込めたが、サイドの攻防で数的不利を作られると次第に押され始め失点。

その後は前線から中盤まで相手のタイトなマークに苦しみ、場所問わずパスミスが多かったために効果的な攻撃が出来ないばかりではなく、守備陣への負担も大きかった。

しかしながら、流れを掴みきれない中で勝利を挙げることが出来たという事実は、浦女のメンタル面が非常に強く逞しいものである事を示していた。


・岩倉

見事な決勝点。
相手GKのミスでもあったけれど、それだけ勝ちたいという岩倉の気持ちがボールに乗り移ったのだと思いたい。


・北本
相手へプレスをかける事でミスを誘発させ、見逃さずのに得点。
失点して悪くなった流れを分断した素晴らしい同点ゴールだった。

---------------

というわけで、無事に1位通過を果たすこととなり、準決勝の相手はINAC。
西が丘での試合は、昨年度の選手権準決勝以来。

油断なく臨み、まずは決勝へ進みたいもんです。
スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://hotcoolfootball.blog56.fc2.com/tb.php/389-3e7a27d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング
プロフィール

FOOTBALL CONTINUES

Author:FOOTBALL CONTINUES

Twitter
あし
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。