ブログでサッカーの話をします
2017/03«│ 2017/04| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/05
SELECT COLORS赤橙黄緑水色青紫桃灰SELECT COLORS
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
01:17:02
プレナスなでしこリーグ2010 第八節 浦和レッズ・レディース-東京電力女子サッカー部マリーゼ
●1-2○

得点者:
【浦和】柳田(7分)
【東電】宮本(45+1分)、下小鶴(79分)

久しい駒場での敗戦。とは言え、負けざるして負けた試合。
1点取って勝ったと思い込むなんて誰でも出来らあよ。
マリーゼには4年ぶりの敗戦かな。
スタメン

    山郷

土橋 熊谷 矢野 竹山

   窪田 柳田

堂園  庭田   北本

    荒川



【前半】なあなあ
開始早々から浦女が押し込みCKから早々と柳田のゴールで先制。
しかしながら追加点が奪えず、大事な局面で気持ちが抜けたようなプレーが見え隠れする。
アリバイプレーを繰り返すこと数回、遂にロスタイムに同点に追いつかれ、嫌な雰囲気が漂うままHTを迎えた。


【後半】停滞前線
前半とは攻撃スタイルを変えず、荒川のキープを基本に攻撃の組み立てを狙う浦女。
しかしながら荒川へのフォローが遅い。
決定機を何度が迎えるが外し続けること数回。サッカーの神様がマリーゼに微笑む。

右CKからのボールが山郷の伸ばした手の上をくぐり逆サイドで待ち構えていた下小鶴に蹴りこまれる。
逆転を許した浦女はまず同点ゴールを狙いに行くが空回り。

選手交代も虚しく1-2でマリーゼに久々の敗戦。
2006年以来の駒場の敗戦。
悔しい形で再度中断期間を迎えることとなった。


【特記事項】
・マリーゼ戦の敗戦
2005年のアウェイ試合以来です。
その時は0-2からCK3発で試合をひっくり返された悪しき思い出。


・駒場での敗戦
2006年9月16日にTASAKIに負けて以来。
つか、駒場の勝率が高いというデータをだした記憶があるけれど、そりゃあ3年ちょっと負けていないのだから勝率高いよね。


・安心感
早々と一点を取ったことでチームに安心感が生まれていた。
それが油断や慢心につながったことが敗戦につながった。

「マリーゼになら負けない」
「駒場でなら負けない」

こんなものはもはや幻想。
選手、サポーターが自分の出来る限りの力と知恵を振り絞り一丸に成らなければ場所関係なく勝つことなど出来ない。

ジンクスで精神的に優位に立つのは否定しないけど肯定もしない。
それだけの話。


守り続けた首位から転落してまた中断期間へ。
新たな試みだとか、フォーメーションも選手も大きく入れ替えているから、などは言い訳にしか過ぎない。
だって、シュート本数は圧倒的に浦女の方が多いのだもの。

単純に勝ちたいと思うことを忘れた試合だった。



次はカップ戦。
U-20W杯もあるので選手に出場の機会が増えるはず。
鬱憤が溜まっている選手ばかりだろうから、期待したいね。
スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://hotcoolfootball.blog56.fc2.com/tb.php/386-9259c35a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング
プロフィール

FOOTBALL CONTINUES

Author:FOOTBALL CONTINUES

Twitter
あし
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。