ブログでサッカーの話をします
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
SELECT COLORS赤橙黄緑水色青紫桃灰SELECT COLORS
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
22:51:10
プレナスなでしこリーグ2010 第三節 浦和レッズ・レディース-A.Sエルフェン狭山
○1-0●

得点者:
【浦和】後藤(39分)

久々の埼玉ダービー。
勝利也。
スタメン

    山郷

土橋 熊谷 矢野 森本

   藤田 庭田

柳田       竹山

   松田 後藤


【前半】数十分の一

前半より攻勢を仕掛ける浦女だが、狭山DF陣の対応の良さから前線でボールが収まらない。
楔のボールを中盤が受けても早いプレッシャーで自由な時間が少ない。

サイド攻撃も縦と横のパスコースを切られバックパスをせざるを得ない状況。
しかし、後方やボランチの攻撃参加が増えだすと、前線の二人もサイドのスペースを活用しながらゴールへ迫る。

先制は右サイドの攻撃から。

松田が右サイドで粘りキープしたボールを中央の後藤へ。
DFを背負いながら後藤は左サイドへ叩きゴール前へ。
左サイドでボールを受けた竹山が迷わずクロスを入れると、後藤が飛び込みヘッドでゴールを揺らした。

勢い付いた浦女は残り時間も攻め立てるがゴールを割れず、ハーフタイムの笛を聴いた。

【後半】慌しく
先制点を取ったことで落ち着いた浦女は後半もポゼッションよろしく、狭山ゴールへ迫る。
しかし、ゴール前まで迫るもののシュートが少ない。

時間の経過と共にシュートチャンスは増えるが、狭山GKの好セーブに阻まれ追加点を奪えない。

それでもDF陣は相手に攻撃を許さず。
最後の最後でミスから相手に決定機を与えたものの山郷のセーブでゴールを死守。

結果、1-0のまま試合は終了。次節以降に不安を残す事となった。


【特記事項】
・雪かき

4月でピッチに雪が積もった。信じられなかったけれど、本当に歴史的な光景だったね。
試合前、雪かきをしてくれたJrユースや浦女の選手のお陰で試合開催へとつながった。
当たり前の事かもしれないけれど、当たり前の事をしっかりやってくれる人たちがいるからこその試合開催。
本当にありがたかったね。もう雪は勘弁だけれどw


・目立つ守備陣
攻勢を強めながら追加点が取れなかった浦女。逆にミスから決定機を与えてしまった。
それでも、その決定機は守護神山郷がファインセーブ。難を逃れた。

とは言え、たまには守備陣が目立っても結果が出たのだからいいじゃない。
これでGKに憧れる子が増えるならより良いと思うよ。

とは言え、次節以降は出来る事なら決定機から得点をしっかりと奪いたいね。


・遠いゴール

この試合は何だかんだで追加点を奪えなかった事がマイナスイメージを大きくしている要因になっている。
去年はFWの2人で総得点55点の内32点を取っているのだから尚更かな。

こればかりは現存の攻撃陣がチャンスを得点につなげるためのトレーニングをして、試合で練習を活かすしかないよね。
逆に言えば、未だまだ個々人でもチームとしての連携面でも伸びシロがあるということ。
良い方向に還元させたいね。


・想いを力に
単純な空想事だけど。

後藤の断幕、実は試合開始30分になってから張り出したんだよね。
加えて、山郷の断幕は持ち主が不在という話も出ていたけど、最終的に来場されて張ることが出来た。

後藤の幕は張ってから10分もしない内に本人が決勝点を挙げてくれたし、山郷は最後の最後で大仕事をしてくれた。
幕に込められた皆の想いをしっかり受け止めている事をプレーで見せた、そんな気がしたよ。


-----------
昇格組相手に3連勝。

「女王」の看板を掲げてはいるものの、選手の入れ替えからチームは大きく変わっている。
力自体、恐らく現段階では昨年よりも落ちているだろう。
しかし、結果が出せていることは事実。自信に繋げたい。

次節の相手は新潟。年々、徐々に力をつけてきている。
今節もベレーザ相手に引き分け。本当に怖い存在だ。


ここでもう一度確認したい。
今季の最終目標は何か。「連覇」だ。

でもね、「連覇」はあくまでも目標なんだ。
その目標を達成するためのキーワードは「挑戦」。

連覇への挑戦。
リーグの猛者への挑戦。
そして何よりも自分自身への挑戦。

チャレンジャー精神を忘れることなく試合に臨みたい。
昨年だって同じだったんだ。

優勝への挑戦。

身と心を削り、皆で支え合い挑んだんだ。
その気持を忘れずに。
そして、一試合一試合を大切に。
スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://hotcoolfootball.blog56.fc2.com/tb.php/381-64d19366
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング
プロフィール

FOOTBALL CONTINUES

Author:FOOTBALL CONTINUES

Twitter
あし
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。