ブログでサッカーの話をします
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
SELECT COLORS赤橙黄緑水色青紫桃灰SELECT COLORS
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
01:56:12
気候が不安定な昨今。
体調を崩しやすくなる中、流行に逆行するように風邪が完治に近づいています。


これなら、なでしこリーグ表彰式の観覧に落選した事など気にならな。。。ち、ちっくしょぉぉー!

まあまあ何て幼稚なリアクション。
ともすれど、やはり応援しているチームが優勝の年に応募したら落選です。
この悔しさの発散、皆さんにはご容赦頂きたいトコです。


閑話休題。
日は開きましたが、引き続き2004年を振り返って参りましょう。
【リーグ優勝その後】
高槻は萩谷で優勝決定。
お祝いのボードとくす玉に皆の笑顔。


さいたまレイナス カンペオン』を歌うサポ。

歓喜で沸き上がる中の新たな出会い。
Aは喜びと共に帰路に着いた。


リーグ戦終了後、代表の新体制が発表され上田監督の退任と大橋監督の就任が発表された。
そして優勝したレイナスからは代表候補選手が7人も選出。

朗報の後に開催された講演会会員参加の優勝祝賀会。
Aも練習場で出会った仲間と参加し、選手や他の仲間と喜びを共有。

レイナスのwebサイトにて注文したタオルマフラーは選手と監督のサインで埋まった。


更に、浦和レッズがJリーグディビジョン1の2ndで優勝。
同じさいたま市内というつながりで浦和レッズの優勝パレードにレイナスも参加。

Aは、当時の浦和監督ギドブッフバルトを支えたコーチ、敬愛するゲルト=エンゲルスを追いかけながら、レイナスの選手が祝勝される様子を見た。


僅かな1月と少々の期間であったリーグ祝勝のイベント。
と同時に、女子サッカー選手権の開幕が近づいていた。


【選手権開幕】
2004年12月4日。
第26回全日本女子サッカー選手権が開幕。

レイナスは翌日12月5日の2回戦から登場。
会場が岡山県は美作ラグビー場であるためAは会場へ赴けず自宅で結果を待つ事に。

結果は北海道文教大学明清学園高等学校女子サッカー部を6-0で一蹴。
無事に駒場で開催される3回戦へ進出した。


【邂逅】
2004年12月12日。
レイナスは2部で優勝し昇格を決めた湯郷ベルを迎え撃つ。
結果は宮間のFKで1点を返されるが、途中出場の梅川らの得点もあり6-0で勝利。

Aはリーグ戦と練習見学で出会った仲間と応援をしたのだが、別に応援しているグループもいたため、試合前に若干険悪な空気が流れていた。

そんな中、試合中に禁止されている太鼓を用いて応援をする輩が出現。
しかし、その輩の愚行を止めた事で両グループが協力し合う事となった。


この邂逅から準決勝の西が丘サッカー場、決勝の国立競技場を秋田氏と共に乗り越える事となる。


【雪上決戦】
2004年12月18日。西が丘サッカー場にてアテネ五輪以来の女子代表戦が開催された。
新生なでしこJAPANはニュージーランドを圧倒し快勝。
五輪後も好印象を残したまま代表戦を終えた。

そんな記憶が新しい2004年12月29日。
西が丘サッカー場にて選手権の準決勝が開催。
レイナスは曲者、伊賀FCくノ一と試合。

会場には軽い雪が降っていたが、時間の経過と共に雪は強さを増す。
Aは寒さに震えながらピッチが白く染まりあがる中で仲間と応援を行った。
そんな矢先にスコアが動く。先制はレイナス。

高橋唯のシュートが伊賀ゴールを揺すった。

しかし後半にセットプレーから同点に追いつかれると延長でも決着はつかず、結果はPK戦に委ねられた。
レイナスサポが陣取ったホームゴールにて実施されたPK戦。

結果は4人全員が決めたレイナスに対し伊賀は山岸がシュートを外す展開。
しかし、レイナスの5人目、岩倉がシュートを外してします。

その失敗を打ち消したのが山郷。伊賀の5人目小山のシュートを見事ストップ。
この結果、スコア 1-1 PK戦 4-3で勝利し、元日決勝の舞台へ進む事となった。

2試合目はベレーザ対TASAKI。
ベレーザが準備した橙色のボールが白く染まったピッチに映える。
試合はベレーザが好パフォーマンスでTASAKIを寄せ付けず勝利し国立の舞台へ駒を進めた。

Aは決勝の席割りに関して話があるためベレーザの試合が終わるのを待った。
※天皇杯でヴェルディがホーム側で勝ち上がった。レイナスは全女の決勝がホーム側だったため、ベレーザサポにクラブへの打診を依頼。結果、レイナスはアウェイ側に回る事となった。

※11/29 13:00修正


【決勝】
始発より若干遅い電車に乗り、Aは元日から国立競技場へ赴いた。
また皆と応援できるワクワク感。優勝を味わえるかもしれない期待。
様々な感情を抱き、電車が国立競技場駅に着くのを待った。

前日の雪の影響もあり、若干ばかり残雪が目に入る。
10時の試合開始にもかかわらず、9時を過ぎても入場を許されない国立競技場。
9時半に入場した後、急いで断幕を張る。

Aの仲間の一人が転倒する。
大事には至らなかったが、除雪し切れていない観客席は危険が伴っていた。

浦和レッズが準決勝で負けた事で余った天皇杯決勝のチケット。
浦和サポの多くは、レイナスの応援のためにチケットを消化したらしい。

閑話休題。
会場の設営に戸惑っている間に選手入場が始まる。

慌しい女子サッカー選手権決勝。
前半はレイナスの選手の緊張と不安を感じたままのスコアで折り返す事になる。

3-0。
固さの見えたレイナスは開始早々に失点。
その後もミスもあり計3点を許してしまった。

追い詰められた。
しかしAも仲間も諦めなかった。

思い返せば、Aはレイナスの負けを見たことがなかった。
だからこそ、レイナスの負けを見たくなかったのだ。

その願い叶わず、後半早々に木原が一点を返したものの、無常にも試合終了。
レイナスは3冠を逃し、ベレーザとヴェルディの兄妹優勝のお膳立てをする事となってしまった。

―――――――――

第26回全日本女子サッカー選手権大会

2回戦
2004年12月5日 11:00
さいたまレイナスFC 6 - 0 北海道文教大学明清学園高等学校女子サッカー部 美作ラクビー・サッカー場

準々決勝
2004年12月12日 11:00
さいたまレイナスFC 6 - 1 岡山湯郷Belle さいたま市駒場スタジアム

準決勝
2004年12月29日 11:00
さいたまレイナスFC 1 - 1(4PK3) 伊賀フットボールクラブくノ一 国立西が丘サッカー場

決勝
2005年1月1日 10:00
日テレ・ベレーザ 3 - 1 さいたまレイナスFC 国立霞ヶ丘陸上競技場

―――――――――

「国立競技場に忘れ物をしてきた」

今年の優勝で選手権に対してされる発言です。


でもね、俺は違うと思うのですよ。

あの時は、忘れ物をする余裕さえなかった。
それだけナーバスだったと思います。

だからこそ、今回も挑むんです。選手権制覇に。


あれから5年。長い歳月が流れました。
もう、あの時の彼女たちではありません。
あの時の俺達じゃありません。



僕らが過ごした あの日々は何も変わらず あの日のまま
明日へ繋がる この道に大きな足跡 残してやれ

あの日の僕等はそこに立っていて
何も言わずに こっちを見ている
あの日の夢は今も僕の事を縛りつけて
何も変わらず ずっと流れてる

形じゃなくて 言葉じゃなくて
この胸の高なりよ
届け 僕の想いよ



2005年1月1日。
俺らは忘れたわけじゃないのです。夢を失ったのです。夢はあっという間に消えていったのです。
それが2004シーズン、最後の思い出。


今は新しい夢を叶えるために尽力を注げばいいのです。
それで、皆で元旦に歓喜を共有できたら最高です。

今度の元旦は、夢を叶えて絶対に笑う。
皆と一緒なら出来ると信じています。



※準決勝の試合展開に追記有り
136さんよりご指摘頂きました。
有難う御座いました。
スポンサーサイト


コメント
懐かしい思い出
こんばんは。136です。
懐かしい2004年の思い出をありがとう。
雪の準決勝、私も見てました。断幕を持って。
レイナス全員決めてですが、5人目キッカーの岩倉さんははずしたんですね・・・・。
その後伊賀のキッカーは足元のせいかチョロチョロのキックで難なく守護神山郷さんに止められましたとさ。
http://www.geocities.jp/redsladies/YTT1.html

136│URL│2009/12/01(Tue)22:19:58│ 編集
>136さん
コメント有り難う御座います。


ふと書き留めようと思い立ち、連ねてみました。

まだ時間がありますから、2005~2008まで頑張りたいです。


選手権準決勝、岩倉さんが外してたのですか。
山郷さんが止めた事ばかり記憶にありました。

うろ覚えのままでは不正確なデータを記載してしまいダメですね汗


後に修正しておきます。
有り難う御座いました。

SHOW│URL│2009/12/02(Wed)18:38:31│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://hotcoolfootball.blog56.fc2.com/tb.php/352-88d0c6ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング
プロフィール

FOOTBALL CONTINUES

Author:FOOTBALL CONTINUES

Twitter
あし
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。