ブログでサッカーの話をします
2017/07«│ 2017/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
SELECT COLORS赤橙黄緑水色青紫桃灰SELECT COLORS
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
00:40:23
新聞を読むと「赤字」やら「減収」やらが目に入る昨今。

内定取り消しに派遣切りや新卒採用の大幅削減など、各企業の苦しい状況が見え、ワークシェアリングや昇給凍結などの人件費削減も見受けられます。

業種によっては仕事自体が減少しているらしいのです。

恐ろしい限りです。


だけど、オレが有給取得してマリーゼフェスタの全日程を観戦できたのは、元々今の現場が1月下旬から3月にかけて仕事量が減少するからであって、未曾有の不景気とは何の関係もありませんよー、と。


というわけで、3月19日(木)から3月22日(日)までJヴィレッジにて開催された『マリーゼフェスタ』に行ってきた。
とりあえず3月19日から、観戦した試合に関し簡単に触れ、最後に全体を通しての印象を箇条書きの構成で記しましょう。


―3月19日(木)―

0時に浦和を出た一行は、道中のPAで仮眠し、11時半頃にJヴィレッジ(以下:Jビレ)に到着したのであった。


Jビレに到着して最初に見たのは「新潟―千葉」の練習試合。

新潟から千葉へとチームを変えた牧野が中盤でボールを裁き溜めを作るため、全体的な印象としては千葉に強さを感じた。

見始めが試合終盤だったので、新潟が見事がミドルシュートを突き刺したのを見られたのは意外と幸運だったかも。

後ほど風の噂で聞いた話で、この練習試合の結果は「2-0」で新潟が勝ったらしい。


試合後にセンターハウス(Jビレ内ホテルを収容する建物)内の売店でふらついていると、遠めに浦和の選手が練習をしており、試合に備えているような感じだったのでピッチ脇まで行ってみる。

すると―相手が常盤木学園だと思うのだけど―、練習試合が始まった。

試合のスタメンは正確には覚えていないのだけど、センターバックを勤めていたのが森本と西田だった事は覚えている。

西田のプレーを初めて見たのだけど、そつなくこなしている印象。
まあ、連携は宜しくなかったし、裏を狙われると若干怖さを感じたが、時間が解決してくれるでしょう。

前半を終えて何と0-0のスコアレス。
この時間帯になると、他のチームの試合が始まっているのと、浦和のマリーゼフェスタ本番の試合は後ほど見られるので、後半の時間は他チームの試合を見ることとした。

見た試合は「新潟―日体大Aチーム」。
浦和の初戦の相手が日体大のBチームだったので、参考にしようと思ったのも、こちらの試合を優先した理由の一つ。

内容としては、新潟が途中まで支配していたのだけど、日体大が積極的なプレーを出し始めた時間帯から押され始め、新潟が勝利こそすれど「新潟大丈夫?」と思わせる内容だった。

試合後、場所を移動し、この日のメイン。
「浦和―日体大Bチーム」の試合観戦へ。


**試合に関して**
「(交代選手)」で記してます。
交代は全てハーフタイムです。
試合時間は40分ハーフです。
**************

得点者
・北本×3、安藤×3、保坂

    後藤 北本
        (安藤)
堀田         柳田
            (若林)
    庭田 熊谷
    (保坂)

岩倉 窪田 桜本 土橋
(木原)(西田)

      山郷


前半は人とボールが動いて本当に面白かった。
特に目を引いたのが後藤と熊谷。

二人の「オフザボール」の動きが秀逸で、スペースを作ったり、出来たスペースを効率利用したり、他の選手まで活き活きし始めた。

北本の得点は何れもフリーで冷静に決めたもの。

去年のリーグ戦では左サイドで上がる事が出来ず不完全燃焼だった堀田も攻撃に専念し良いパフォーマンス。
保坂も思い切りの良いミドルシュートを沈めたね。

桜本は初めてではないのだけど、以前(常盤木時代)に見たときよりも好印象だった。
まだポジショニングや連携面で課題があるし、山郷さんから怒鳴られていたけれど、その分、伸び白が大きいので今後が楽しみ。

逆に安藤は難しいゴールを決めながらも何かが足りない印象だった。


試合は7-0で圧勝。
とは言え、個人的に前半のサッカーの方が見ていて楽しかったので、後半のサッカーに若干の違和感を覚えた。


―3月20日(金)―

19日は23時に寝たくせに9時に起床というダメな大人一向は、10時半頃に現場に到着。
練習試合をしていたので、観戦する事とした。

相手は新潟。
内容は申し分けないがあまり覚えていないw

確か、堀田がボランチで2点目をヘディングで決めたのだけは覚えている。
あれは素晴らしいプレーだったので。

その後、昼食を取りフェスタ2日目の試合観戦へ。
2日目の相手は常盤木学園。

**試合に関して**
「(交代選手)」で記してます。
試合時間は40分ハーフです。
竹山のみ70分からの出場です。
竹山出場後に以下のようにポジション移動。
・竹山→左サイドバック
・若林→左サイド
・堀田→FW
**************

得点者(うろ覚えで間違っているかも)
・北本×3、庭田、木原、後藤、安藤、柳田

    北本 安藤
    (後藤)(竹山)
保坂         柳田
(堀田)
    庭田 木原
        (熊谷)

岩倉 矢野 桜本 土橋
(若林)(窪田)

      山郷
     (池田)

正直、一日目より乏しい試合だったように感じた。
個人としては北本や保坂のパフォーマンスが秀逸で得点を重ねるが、チーム全体としては不完全燃焼みたいな。

矢野は負傷明けなのか、滅茶苦茶にパフォーマンスが悪かった。
開幕には間に合いそうだけど、試合感を取り戻すのに苦労しているのかな。

加え、柳田と安藤もパフォーマンスが宜しくない。
特に安藤は運動量も少なくプレーの精度と判断力が悪く、北本とは対照的だったな。


―3月21日(土)―

早起きしたものの、買い物などもあり10時半に到着。

練習試合は三日目も実施しており、相手は千葉のBチーム。
前半は大量得点だったらしいが、後半は2-2の引き分け。

得点シーンは見事だったが、失点シーンには課題が多数。
そんな中でも、後藤の存在感は圧倒的だった。

フェスタ三日目の相手は千葉のAチーム。

**試合に関して**
「(交代選手)」で記してます。
交代は全てハーフタイムです。
試合時間は40分ハーフです。
安藤の投入により以下のようにポジション変更。
・後藤→左サイド
・安藤→FW
庭田と熊谷の投入により以下のようにポジション変更。
・柳田→右サイド
・庭田→ボランチ(左)
**************

得点者
・北本、後藤

    後藤 北本

若林         保坂
(安藤)        (庭田)
    柳田 堀田
        (熊谷)

岩倉 桜本 窪田 木原
(竹山)        (土橋)

      山郷

幸先良く北本が先制点を決めたまでは良かったが、如何せん、そこから続かない。
後半に後藤が追加点を決め、再度流れを呼び込むも、安藤と北本が決定機に外し続け試合終了。

北本は二日目までに6得点を決めているので良いとしても、安藤の外しっぷりは考えられないくらい。
逆に、後藤の追加点となった一連のプレーが、まさにストライカーらしいものだったので、良い意味で本当に驚いた。

というわけで2-0の勝利により3連勝でグループBの一位となり、翌日の千葉のBチームとの順位決定戦に臨むこととなったのだった。


~続く~
スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://hotcoolfootball.blog56.fc2.com/tb.php/292-26c29143
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング
プロフィール

FOOTBALL CONTINUES

Author:FOOTBALL CONTINUES

Twitter
あし
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。