ブログでサッカーの話をします
2017/05«│ 2017/06| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/07
SELECT COLORS赤橙黄緑水色青紫桃灰SELECT COLORS
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
12:04:52
第30回全日本女子サッカー選手権 準々決勝 浦和レッズ・レディース-TASAKIペルーレ

●0-1○


志半ばにて、無念。。。
修正しました(12/26 21時)

スタメン

    山郷

土橋 百武 矢野 森本

   高橋 柳田

保坂  安藤  若林 

    北本


【前半】差
前半は五分五分ながら点差が付いた。
北本が決定的なシュートを放つも、TASAKIの必死のクリアに阻まれる。
TASAKIの攻撃には浦女DFが喰らい付く。

しかし、本の僅か。「油断」と称するには酷過ぎる僅かな瞬間。
右サイドから上げられたクロスを大石が浦女ゴールに流し込む。

前半の時間に浦女とTASAKIの間にあった差は、僅かこれだけだった。


【後半】抱える背景が支えるもの
後半、浦女はリードを許した事で厳しい立場となった。
TASAKIの重圧プレスは浦女の攻撃を弱体化させ、逆にTASAKIの高速カウンターを繰り出すには最高の環境となったからだ。
それでも、決して失点を許す事のない浦女とTASAKIの守備陣。
決定機の数で言えば同数ではあるが、ゴールラインまでの距離であれば、浦女が上回っていた。
しかし、ゴールラインを割る事だけが叶わない。

最後までTASAKIゴールを目指した浦女だが、最後までTASAKIゴールを奪うことなく敗戦。
2008シーズンも、新年元旦国立の夢は閉ざされた。


【特記事項】

・TASAKIの抱えていたバックボーン
「敗戦=解散・廃部」という事実。
最後の大会であることから所属企業からの配慮。
女子サッカーをリードしてきた歴史。
歴史を創ることを支えてきた数多くの人。

これだけの背景がTASAKIにはあり、選手一人一人が背負っていた。


浦女の選手も皆がそれぞれの想いを背負っていたよ。
それだけのパフォーマンスだったから。でも負けた。

だからこそ、今回の差は「支えられてきた感謝の念」の差だと思うんだ。
十数年も支えられてきた感謝を、最高の結果で伝えたいというTASAKIの想い。

実力的には伯仲。
それでもこのように結果が出てしまったのは、TASAKIの背負っていたバックボーンが選手達を後押しした、そういうことだと思う。


・理屈じゃない
今回の敗戦。
試合を観た人なら素直に受け入れられると思うんだ。

試合終了後のTASAKIの選手。まるで優勝したかのような喜び方だった。
「浦女に勝ててよかった」ということへの喜びだけではなく、「未だ、皆でサッカーが出来る」という喜び。

試合中も思い返せば、ゴールラインを超えそうな浦女のシュートを、何度跳ね返された事か。
何の変哲もない試合であれば、あのシュートはゴールラインを割っていたと思う。

技術とか戦術とかじゃない。
この試合は気持ちだった。理屈じゃあ語れない。


・悔しさを心に刻んで
浦女の歴史は思えば浅い。
ようやく4年が経過するトコだ。

今までにも何度も何度も悔しい思いをしてきたけれど、今回ほど悔しい思いは無いかもしれない。

でも、こうやって経験した悔しさも僕らの歴史になる糧になる。

2009年は必ず壁を超えたい。
壁を超えて、歴史を刻みたい。


・TASAKIペルーレに敬意と感謝を
悔いが残るとすればTASAKIに勝ち逃げを許した事。
そして、もう二度とTASAKIと試合が出来ない事。

TASAKIペルーレというチーム。
僕個人は忘れないし、皆も絶対に忘れてはならないと思うんだ。

本当に有難う御座いました。


・2008シーズン終了
例年より早くシーズンが終了。

個人的に、今年の浦女のサッカーは本当に素晴らしかったと思ってる。
だからこそ、それに相応なタイトルという結果が欲しくて仕方なかった。

でも、届かなかった。
それは、未だ手にするには未熟である、そういうことなのだよね。

でもね、必ず届くと信じてる。


――――――

2008シーズン
浦和レッズ・レディースに少しでも携わった方へ


今年度も大変お世話になりました。
若輩者の筆では書ききれないくらい、感謝の想いばかりです。

2009年度も多々お世話になりますが、これに懲りず、お付き合い頂ければ幸甚です。

本当に有難う御座いました。
また、本当にお疲れ様でした。

良いお年をお迎えください。

/SHOW
スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://hotcoolfootball.blog56.fc2.com/tb.php/273-95729c54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング
プロフィール

FOOTBALL CONTINUES

Author:FOOTBALL CONTINUES

Twitter
あし
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。