ブログでサッカーの話をします
2017/03«│ 2017/04| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/05
SELECT COLORS赤橙黄緑水色青紫桃灰SELECT COLORS
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
02:32:50
プレナスなでしこリーグ 第十二節 浦和レッズ・レディース-TASAKIペルーレ

●1-2○

得点者:
【浦和】高橋(69分)
【TASAKI】阪口(32分)、坂井(80分)


祝リーグ再開。されども負けまして。
悔しい思いのまま帰宅で御座います。

スタメン


         山郷
       (守護神)

 土橋   百武   矢野  堂園
(Try) (非山椒)(疲弊) (鶴)

       高橋   森本
     (握り拳) (混乱)

 柳田              堀田
(封印)          (大混乱)

      安藤    北本
     (遺憾)(不完全燃焼)


【前半】必然
試合開始直後に堂園が負傷交代などの混乱もあり、相手の前線からのチェイスに苦しむ展開。
ボランチへのプレッシャーが厳しく、頼みのヤナギも利き足の左を封じられ効果的な攻撃が出来ない。
逆に、カウンターで与えたファールよりFKを阪口に直接決められ先制を許す。
セットプレーからの得点ではあったが、0-1のスコアは妥当な様に思われた。


【後半】傾ききらない
後半より松田を投入し、流れを引き寄せたい浦和。
采配は的中し、松田がPKを得る。
しかし、PKを安藤が止められてしまうと、流れは浦和より離れていく。
CKからニアで土橋が逸らしたボールを高橋がヘディングで決め、一時は同点に追いつくも、中盤で不用意に失いカウンターから坂井に決められ失点。
最後の最後まで流れを掴みきることが出来ず、リーグ再開の試合を勝利で飾れなかった。


――――――――

今回のポイントは大きく見て3つ。

1.丁寧な組み立て
試合を通じて、必ず中盤を介して攻撃を試みてた。
勿論、TASAKI側には研究されていたようで、逆にプレスの狙いどころとなっていた。

リーグ屈指のFW二人を走らせる選択肢はなかったのかしら。
相手が中盤でプレスを掛けられたのって、ラインと中盤のスペースがなかったからに見えたのだけど。


2.運動量
疲労のピークを感じさせるほどに、皆、動けていなかった。
スペースを作り出すための動きや、ボールホルダーを追い越す動きも乏しかった。

試合を通じての停滞感の原因は、その辺にあるのかな。


3.次節はベレーザ戦
物凄く勝手な推測だけど。

次節はベレーザ戦。
ベレーザというチャンピオンチームに挑む浦女なら、今シーズン悪い噂ばかりのTASAKIに負けることはあるまい。。。

そんな変な意識が原因のようにも感じてしまった。
ま、これは負けたことに対して、負けた理由を何かしらの原因へ押し付けたいがための戯言に過ぎないけどさ。

――――――――

今節の試合結果から、首位ベレーザとの勝ち点差は【7】

でもね
そんなのどーでもいいよ。
来週勝てばいいじゃん

諦めないで最後まで喰らい付けば、最後の最後でサッカーの神様が気まぐれを起こすかもしれないじゃん

ベレーザも強いけどさ、俺たちも十分に強いって。
だから臆することなく、堂々と行こうぜ、と。

そんなことを思ったよ。
スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://hotcoolfootball.blog56.fc2.com/tb.php/247-f346ceaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング
プロフィール

FOOTBALL CONTINUES

Author:FOOTBALL CONTINUES

Twitter
あし
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。