ブログでサッカーの話をします
2017/07«│ 2017/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
SELECT COLORS赤橙黄緑水色青紫桃灰SELECT COLORS
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
13:34:57
8月9日の20時くらいだっただろうか。
受け入れがたい現実に直面したのは。

大崎にあるフットニックで試合を見ていた僕は、敗戦の悔しさを紛らわすため、別のモニタで放映されていた「鹿島-柏」の試合の後半45分を見た。

巻や本山がゴールを決める。
それがどれだけ綺麗なゴールだろうと泥臭いゴールだろうと、気分は完全には晴れなかった。


試合開始直後、ニュージーランド戦が嘘のようにアメリカ陣内へ攻め込んだ。
体を張ってフリーでシュートを打たせず、相手のパスに泥臭く喰らいつく。

しかし、失点シーンは違った。
右サイドで余裕を持ってクロスを上げられてしまった。
近賀がスペースを空けてはいけなかったのか、安藤の戻りが遅かったのか、ボランチやセンターバックがフォローできなかったなど、多数の要因はある。

それでも、そのシーンだけ、「危機感」が不足していたのだけは明確だ。


そして攻撃陣。
幾度の決定機を決めきれなかったが、形はしっかり出来ていたし、アメリカ相手でも十分に通用していた。
確かに、アメリカのように一発でサイドチェンジは出来ない。
ミドルシュートも打てる選手が限られている。
しかし、そんなものは所詮、得点を決める材料の一つでしかない。

しかし、選択肢が多いか少ないかで相手へ与える怖さは異なる。
選択肢が多ければ多いほど、相手はあらゆる場合を想定しなければならないからだ。
日本は、その選択肢が不足している。

だからこそ、今出来ることの精度を上げていくしかない。
今出来ることを一所懸命にこなしていくしかない。


また他力本願だけど、可能性はある。
我武者羅にやるしかない。
スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://hotcoolfootball.blog56.fc2.com/tb.php/236-51fda416
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング
プロフィール

FOOTBALL CONTINUES

Author:FOOTBALL CONTINUES

Twitter
あし
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。