ブログでサッカーの話をします
2017/03«│ 2017/04| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/05
SELECT COLORS赤橙黄緑水色青紫桃灰SELECT COLORS
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
22:17:47
TASAKI―浦女
△1-1△

前向きに見ればTASAKIの開幕から続く連勝を止めた試合。
厳しい見方だと「勝ち試合を引き分けにした」と個人的には捉えている。
浦和のスタメンは
     山郷
土橋 田代 矢野 西口
    高橋 柳田
安藤        松田
    窪田 北本

こんな感じ。


前半。
TASAKIにそこまで怖さは感じない。
それは単純にウチのセンターバックが素晴らしかったこと
以前よりもセカンドボールを拾えるようになったこと
この2点に尽きる。
まあ、TASAKIの方が国体に疲労があったように見えたけど。

だからこそ攻撃陣には結果を出して欲しかった。
惜しい場面はいくつもあったように記憶している。
それだけに、ね。

個人的には10番のアリバイサッカーにウンザリ。
周りの頑張りが顕著だからこそ尚更に。
確かに色々な事情で疲労があっただろうけど
他の代表メンバーはコンディションほぼ良好
国体組も疲労の色を見せないパフォーマンスだったから
本当にそれが残念で仕方ない。


後半。
状況はあまり変わらず。
ただ、隙を見せた方が失点する空気は漂ってた。

そんな中、ウチが先手を許す。
しかしながら、こればかりは隙があったとは思えない。
シュートを打たれた場所に問題はあれど
絶対的に隙があったからではなく運の要素も若干絡んでいた。
つか、そう思い込みたいw


そこで動く浦和ベンチ。
松田OUT堀田IN
今季開幕前に僕が一番期待する選手で挙げた堀田は
リーグカップと国体を経由して遂にリーグ戦に出場。

堀田の投入で押し込みたい浦和ながらも、まだ流れをつかみ切れない。
その若干ながら流れが悪い中、この試合で初めて安藤が右サイドを抉る。
クロスを上げて飛び込んだのが堀田!
ボールが緩やかな軌道を終えるのを見守るまでもなくゴールを確信した。

盛り上がるゴール裏。雰囲気の変わった三木防災。
そこから試合は五分五分の展開ながら若干、ウチが苦しくなる場面が増えた。
それでもしっかりとチャンスまで出来た辺りウチの成長を感じる。。。

それと、安藤は同点のクロスをあげる前に一回
2列目からの飛び出しでオフサイドに引っかかった。
だからこそ、ようやく安藤が目を覚ましたのだな、と。

その後、岩倉を左SBに投入するなどで逆転弾を狙うも
共にゴールは生まれず試合終了。
本当の本当に最低の最低の、そのまた最低限の結果を残した。

この勝点1がリーグ終了までにプラスになればいいのだけど。
スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://hotcoolfootball.blog56.fc2.com/tb.php/151-7df891f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング
プロフィール

FOOTBALL CONTINUES

Author:FOOTBALL CONTINUES

Twitter
あし
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。